【A】新漁港堤防の先端

【満潮時】足場が良くて満潮時には回遊魚の期待もできる与根1番のポイント。


【干潮時】潮が引き始めると右側が干上がり始め岩礁や砂辺が出てくるので注意が必要です。


【このポイントの特徴】

ここは与根新漁港の北側の堤防のその先端になります。

このポイントの大きな特徴としましては、正面が水路になっており全体的に水深はありますが、右側に向けては徐々にカケアガリになっていくため干潮時には干上がるほどの浅瀬になっています。

水路帯ともあり潮通しが抜群に良く、また十分な水深もあるので回遊魚や付近に居着く魚など与根漁港の中でも特に様々な魚が出入りしているポイントとなります。

ただ、右側のカケアガリでは根に掛かりそうな岩礁があったり干上がるまで浅くなったりもするので投げる際には底の根岩に当たらないよう注意が必要です。

 

【狙える主な魚種】

狙える主な魚種は、広域で太刀魚、ガーラ(ロウニンアジ)、タマン(ハマフエフキ)などの回遊魚、メッキ、カマス、コトヒキ(クワガナ)、低層や底付近ではチヌ、コチ、ヤマトビ、フエダイ系やミーバイ(ハタ)などを狙うことができます。

 

【水深と水質】

水深は干潮時で2.5~3m前後、満潮時で4~5m程で水質は透明度のやや低いクリアな水質です。

 

【地形の特徴】

底は主に砂地となっておりますが、所々に根岩や岩礁リーフが点在しているようです。

 

【風向きによる影響度】

南向けのポイントですので冬季の北寄りの風には追い風となり強いのですが、夏季の南寄りの風には向かい風となるので弱いです。

また、周りに遮るものがほとんどないので風速6m/s以上の強風時などには弱いポイントです。

ただ、堤防の構造的に西風にはとても強く西風の日は快適です。

 

 

【ルアーの選択や組み立て方】

このポイントでのルアーの選択や組み立て方の参考としましては、

透明度はやや低めなのですがクリアな水質で潮通しが良いポイントですので、ベイト(エサとなる小魚)を意識した自然な色合いのルアーがここでは最も適しています。

その中でも、ここは水深があり根掛かりの心配がほぼほぼ無いので、

まずはメタルジグやメタルバイブ、スプーンなどの重めのルアーから投げ始めていき、ある程度の水深や地形、または直接魚の反応が得られた位置などを把握できてきたら、シンキングミノーや軽めのメタルジグ、スプーンなどにシフトしていくがここでは有効的です。

 

▼ここのポイントでオススメしたいルアーはこちら♪





ここでの私のオススメは”蛙スプーン9g”と”メタルバイブ冷音”の一択!!

っと言うのも?
ここだけの話、ここの魚はなぜかキラキラしたのに目がないからルアーは断っ然銀色キラッキラ系がおすすめなのだーーっって感じなのです( ̄∇ ̄)エヘン
ま、理由は知らないんだけどね(^-^;)笑

いちおう日によってまちまちではあるんだけど、、ここはだいたい表層から中層のレンジに魚が居ることが多いのでまずは表層から様子を探っていき徐々に中層、中低層底層へとレンジをさげていく~っというのがここでの基本パターンになるかな。

あ、それで蛙スプーンやメタルバイブ冷音だとそれらがスムーズに進めやすいからそういったところが特に気に入っていてさ~、そしてまた回遊魚の反応が良いってのも私的オススメなポイントなんだよ~♪

さらにさらにさらにワンポイントとしてはね!!!!
この深めな水深を生かした長めのフォールを意識すると尚尚よろし~なのです(^-^)♪


ああ、そう言えばそうよね~。
昔からここはキラキラルアーが反応良かった記憶があるわ。笑

あとは投げ始めてからしばらく反応が無くても。。
それは魚の活性が低くて重たくてスピード早いルアーだと追いかけきれていない可能性がありますので、シンキングミノーや軽めのメタルジグ、スプーンなどでスローに誘ってルアーをじっくり見せてあげたりするのもまた有効な対応手段です(^-^)

反応が鈍くなったりキラキラしたルアーに飽きられてきたな~と感じたら、群れが離れて散っちゃう前にパッと食いつきやすいナチュラルベイトを意識した自然色なルアーに変えてみるってのもまた良い手ですね♪

ちなみにうちからのオススメは断っ然、ラパラCDエリート55とジャークソニック55です!!
だってさぁ?
もし何度も何度も通るルアーにもう飽き飽きしてきたよーーって時にこ~んなおいしそうなナチュラル色なルアーが急に目の前通っちゃったら絶っっ対一撃イチコロでしょ~♪

▼こんなルアーもここではgoodですよ~♪




【このポイントでエギングなら】

ここでのエギングなら潮通しが良く水深もあるので、まずは3.5寸のディープタイプから投げ始めるのが最も適しています。

まずは正面の水路帯や右側の水路縁のカケアガリなど、居着いていそうな所から攻めていきながら水深や地形を把握していきましょう。

ある程度状況が掴めてきたらノーマルタイプで更に重点的にじっくり狙う。というのがここでは有効的となります。

 

▼ここでエギングならこちらがオススメ♪




【このポイントのオススメ度】

 

【★★★★★ 5】

 

ここは

「足場が良いので安全に釣りを楽しめる」という観点と、

「水深があるので根掛かりの心配が無い」という点、

「港外からの回遊魚が多いので魚の活性も高く比較的釣果が上がりやすい」という点から見ると、

中上級者だけではなく初心者の方にもオススメしていきたい、とても優良なポイントで有ると言えます。

 

 

【各潮位による釣り方の参考】

あとは満潮時や干潮時などの各潮位による釣り方の参考としましては、

満潮時でも干潮時でも、ここは水深のあるポイントなので基本的な攻め方に特に違いはないです。

しかし、潮の動き始めであったり大潮時などのよく潮の動くタイミングの時などは魚もより活発になるのでチャンスも大きくなってきます。

いずれにせよ、ここではまずメタルジグやメタルバイブ、スプーンなどその日の状況に適した重めなルアーを駆使しながらいち早くその日その時に回遊魚がいるレンジ、棚(場所)を掴み、より適したルアーを模索しながら徐々にアプローチしていく。

っというのがここでの釣果を左右しうる鍵となり得ると言えます。





あとはまぁ私に言わせてもらえばなんだけど、、
このポイントさえ押さえられたのならその日は勝ったも同然なのよね♪

そんぐらい、ここはオススメなの(^-^)!!


うん~、それはまた極論だなぁ…(^-^;)

でもまぁ確かに。
ここだけではなく漁港ってのは基本的に下手にウロウロ歩き回るよりか堤防の先端とか角とか端をパッと押さえてた方が手っ取り早く釣果に繋がりやすかったりするんだよね~。笑